肝臓サプリ選び方ガイド
> > ウコンに含まれるクルクミンが肝臓に良い理由

ウコンに含まれるクルクミンが肝臓に良い理由

二日酔いにウコンのドリンクが良いよ!とはよく聞きますが、そのパワーの理由は有効成分のクルクミンにあるんです。ここでは、二日酔いや肝機能低下、中性脂肪、コレステロール対策、美白にも良い、クルクミンの作用について紹介します。

なぜお酒を飲む前にウコンを飲むと良いって言われるの?ウコンに含まれる成分と肝臓への好影響について

「お酒の前にウコン、飲んでおくと良いらしいよ!」という話はよく聞きますよね。コンビニでも手軽に買えるウコンドリンクですが、なぜお酒の前に飲むと良いのでしょうか。

それは、ウコンが肝臓のアルコール分解作用を助けて二日酔いしにくくするからなんです。その作用を生み出すのが、ウコンに含まれる黄色い色素のクルクミンです。

クルクミンは肝機能を高めたり、中性脂肪やコレステロール値を安定させる作用もあるので、ウコンのドリンクやサプリは健康診断対策にもぴったりなんですよ。

クルクミンが持つ作用やウコンの摂取方法など、みんなが知りたかった情報をわかりやすく紹介します。

ウコン由来のクルクミンを摂取する5つのメリット

  • 飲み会の30分前に飲めば二日酔い予防に有効
  • 肝機能を高めるので健康診断対策にぴったり
  • 中性脂肪やコレステロール値も安定させる
  • 脳に作用してIQを高めたり認知症の予防にも
  • 美白やシミ対策など美肌成分としても優秀

ウコン由来のクルクミンは、肝機能を良くする事で脂肪やアルコールなどの代謝を助けたり、脳や肌にも良い作用があります。それぞれのメリットを詳しく説明しますね。

お酒の30分前にウコンを飲むと二日酔い予防に有効

最初で、ウコン由来のクルクミンがアルコールの分解を助ける事に触れましたよね。アルコールが速やかに解毒されて体外へ出て行けば、二日酔いが起こりにくくなるんです。

その証拠に、日本抗加齢医学会によるお酒を飲む30分前にクルクミン製剤を飲む実験では、アルコールを分解した時に生まれるアセトアルデヒドの血中濃度が抑えられるという結果が出たそうです。

アセトアルデヒドは、血行や脈、汗などを管理する自律神経を無駄に興奮させて、頭痛や吐き気などを作り出す物質です。つまり、クルクミンのおかげで二日酔いのタネが減ったという実験結果なんですね。

実験と同じように、お酒の30分前にウコンを飲むと二日酔い対策に有効ですし、お酒の後にもう1回ウコンを飲めば、さらに効果的ですよ。

クルクミンで肝機能が良くなる理由とは?

クルクミンは、肝臓にダメージを与える活性酸素や炎症から細胞を守ってくれる作用もあります。その結果、疲れて傷んだ肝臓が元気になり、肝機能の回復が助けられるんです。

セラクルミンというクルクミン製剤を1ヶ月間摂取する実験でも、肝機能良くなる結果が出ています。それも、全体平均でAST(GOT)が12% 、ALT(GPT)が16%、γ-GTPが15%も改善しているんですね。

健康診断で肝機能値が引っかかってしまった人は、ウコンのサプリメントやドリンクを試してみましょう。

参考:日本抗加齢医学会 機能性食品クルクミンの臨床応用の可能性

中性脂肪やコレステロールなど健康診断対策にも

肝臓は脂質を消化する胆汁を作る臓器でもあり、クルクミンはその分泌を助けます。おかげで、血中の中性脂肪を代謝して数値を下げてくれるんですね。

実は、中性脂肪を放置すると脂肪として体に溜まって、脂肪肝や皮下脂肪、内臓脂肪、悪玉コレステロールに化けるので大変なんです。

しかし、ウコンの力で中性脂肪のうちに手早く分解してしまえば、コレステロールや内臓脂肪の悩みを一気に予防できるので、健康上のメリットがとても大きいと言えます。

中性脂肪やコレステロール、メタボリックシンドロームなど健康診断の結果に悩む人にも、ウコン由来のクルクミンはおすすめですよ。

一時的にIQを上げたり認知症予防にも有効

クルクミンには、脳を活性化させる作用もあります。TVでも有名な脳科学の権威、茂木健一郎先生が行った実験では、クルクミン入りのカレーを食べる事でIQが7もUPした例もあるんですよ。

また、アルツハイマー病の原因になる特殊なタンパク質の蓄積をクルクミンが防ぐ事もわかっていて、認知症予防にも役立つ成分として注目されています。

仕事や勉強のお供に、将来の認知症予防にもウコン由来のクルクミンは有効なんですね。

美白やシミ対策もできる美肌成分

ほかにもクルクミンは、シミやくすみの元になる活性酸素といち早く結びついて肌細胞の身代わりになる、抗酸化作用を持つ成分です。

つまり、ウコンを飲めばシミやくすみができにくくなり、白く明るい肌が目指せるという事ですね。

このように、色んな健康や美容の効果を持つウコン由来のクルクミンですが、配合されているドリンクやサプリメントはたくさん種類があります。

選ぶならどんなウコン商品を選べば良いのか、次で選び方も説明しますね。

ウコンのドリンクやサプリメントの選び方とは?

あれこれ売られているウコン商品ですが、選ぶなら秋ウコンを使ったものがおすすめです。秋物は、クルクミンが豊富で薬効が強いんですね。

選ぶなら秋ウコンのドリンクやサプリがおすすめ

ウコンは生姜の仲間で、春にとれた物と秋まで地中で栄養を蓄えてから収穫されたものがあります。

春ウコンはミネラル豊富で香り良く、アロマテラピーの精油づくりに向きます。対して秋ウコンはクルクミン量が春物よりも10倍多く、生薬やサプリメントに使われる事が多いんですね。

ドリンクやサプリを選ぶなら、秋ウコンの商品を選ぶと良いでしょう。ただ、ドリンクやサプリ以外にもウコンを口にする機会はあるんですよ。

ウコン由来のクルクミンを摂取できる意外な食べ物とは?

食べ物からクルクミンを摂取する事ってできるの?という疑問も当然ありますよね。実は、ウコンはカレーに入っているあのスパイスの事だったんです。

ウコンの正体はカレースパイスのターメリック

カレーの黄色い色はスパイスのターメリック由来ですが、そのターメリックの正体がウコンなんです。

スーパーでもターメリックやカレー粉が売っているので、お肉やブロッコリー、芋などと和えて食べてもクルクミンを摂取できるんですね。

インドではカレーの材料ターメリックとして、中国では生薬のウコンにという具合に呼び名は違いますが、世界中で役立っている植物なんです。

でも効率的にクルクミンを摂取するなら肝臓サプリのほうが良い

もちろん、食事からクルクミンを摂取しても良いですが、そうなると毎日カレー味の食事ばかりになります。そう考えると、やっぱりウコンのドリンクやサプリのほうが良いですよね。

ウコンドリンクはカシスオレンジ味など飲みやすいものも売られていますし、成分の吸収も良いですが、1本200〜300円と高いのが欠点です。

それなら、ほぼ同じ成分で1日分が数十円で済むウコン入り肝臓サプリのほうがおすすめですよ。

肝臓サプリとは、肝機能のケアを目的に調合されたサプリなので、1本で肝臓に良い成分をあれこれ摂取できる事で話題なんです。

飲み会の前の緊急レスキューならドリンクを、じっくり肝機能をケアするなら肝臓サプリを飲み続けるのが良いでしょう。

ウコン由来のクルクミンに過剰摂取や副作用はある?

  • 健康な人が適量を飲む分には安全安心な成分
  • 胃潰瘍・胃酸過多・胆道閉鎖症の人は避けたい成分
  • 胆嚢や胆石がある人もお医者さんに相談してから

ウコンに含まれるクルクミンは、健康な人なら副作用はほぼ出ません。そして、サプリメントやドリンクも用量用法を守れば過剰摂取になる事も無いんですね。

ただし、消化器に病気があったり、アレルギーを持つ人には害になる可能性もある成分です。自分はウコンを飲んでも大丈夫か、よくチェックしてから飲みましょう。

消化器に病気がある人は要注意

日本医師会ニュースでは、胃潰瘍や胃酸過多、胆道閉鎖症の人はウコンを摂取してはいけないと注意喚起しています。また、胆石がある人や胆嚢に病気を持つ人も体調を崩す危険があるんですね。

ほかにも、ウコンの飲み過ぎや体質が合わなかった事による肝機能障害も報告されています。

病気がある人はお医者さんに相談してから飲む、体調が悪くなったら飲むのをやめる、サプリの用法用量は絶対に守るなど、しっかり自己管理したいですね。

ウコン由来のクルクミンで二日酔いや肝機能低下に備えよう

このようにウコン由来のクルクミンは、肝機能向上や二日酔い予防、中性脂肪とコレステロールへの対策、一時的IQのUP、認知症予防、美白など色んな嬉しい作用を持っているんですね。

1番手軽でコストもかからないのがウコンエキス入りの肝臓サプリなので、ぜひ取り寄せて飲んでみましょう。ネットから簡単に買えるので、まずは試してみて下さいね。

 

こちらの記事もよく読まれています

ページのトップへ